プロフィール

龍小狼

Author:龍小狼
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

見に来てくれた人は出来ればワンクリックお願いします(≧∇≦)b OK

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

応援!

【暁の護衛~罪深き終末論~応援中! 【クロウカシス 七憑キノ贄応援中! 【ARIA応援中! 【けいおん!2期応援中! 【ソ・ラ・ノ・オ・ト応援中!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判はこれでいいのか?

どうも龍小狼です。

あまりに裁判内容がひどいのでつい書き込みしました。

内容はシンプルです。

検察側が「資料・・・・用意忘れました!!!ww」

「次回までに用意しといてください。」裁判終了。


これでいいのでしょうか??

我々はこの事件の不祥事で父を亡くしています。


裁判のひとつひとつ、思いがあります。今回もかなり大事な裁判でした。


検察側はそれをただ「資料忘れました。次回持っていきます。(笑)(。-∀-)」



傍聴席の人だって忙しい中、足を運んでくださってます。弁護士の方々だって忙しい中、時間をつくって参加してくださいます。


私たちも人生かかってますので本気で取り掛かってます。

それを「あ、今回の議題資料忘れましたテヘ(笑)また今度♥」で終わらす相手側・・・

思わずニ回書きました;;;

さすがに、被害者を愚弄するにしても限度を超えています。

裁判というのはこれで成り立っていいものでしょうか。

秋田の裁判はこんな、小学生のディベート大会当日でさえやらない出来事を平気でやっていいものなのかと、がっかりしました。

どうでもいいですが、私が小学生のころのディベート大会で、「うどんと蕎麦、どちらが良いか」というディベートがありました。小学生ながらインターネットでうどんや、蕎麦の良いところ、健康面ではどうか等を検索して資料を準備して参加したくらいですww

私は一般企業で働いていますが、大事な取引が有る際には、当たり前ですが資料を持っていきます。
それを忘れたら取引は一発アウトです。

まさかその時に「社長すみません。準備してないので来月またwww」とは言えません。

間違いなくクビですww



今回の裁判でよく判決でなかったなと関心しました。


もちろん情も含みますし子供みたいですが・・・私なら。


「検察側やる気なし、反省なし、言い訳なし、県民を大切にしてない。救いようなし!よって負け!」


木槌ドン。これにて閉廷。で判決ですよ。

もちろん現実はそうじゃないのはわかりますが・・・


なんといいますか、一般庶民の私でもこんな幼稚園児でも言わない言い訳で裁判が成り立つなら、世の中終わりだなとおもいます。

これは秋田で行った裁判です。

秋田県のレベルを下げるのはやめてもらいたい。



人口減少率、ガン死亡率、挙句の果てにはポケモンGOのスポット少ない率NO1。そして裁判に対する検察側の対応やる気ないまで加われば、これほど住みたくない県があるか・・となりますよ。

あまりに不快なので記載しました。


改善できませんかね・・・

では・・。
スポンサーサイト

裁判をもう一回

どうも龍小狼です。


以前の裁判の結果・・・



それはもう一度裁判はじめからやるというものでした。



いやはやなんとも信じがたいものです。



家族で何度も考え、どのように話すか、支え合ってなんとか保った精神面。


それをもう一度やってくれと裁判所は言いました。



できません!!


あれほどの苦痛、またあの殺人者の顔を見なくてはならない、またあの人数を目の前に話さなくてならないのか。


そう思うだけで参ってしまいます。



そもそも、もう一度裁判をやる理由というのが、拳銃の引き金をニ回引いたことを判決の理由の一つにするなら、そのことについてもっと話し合わなくてはならない。もし事実なら殺人+殺人未遂も付くのではないか、そういえばその話題についてあまり話してなかったな~というもの。


しかし殺人未遂の話は、家族の中でも、弁護士方との話し合い、さらには検事方との話し合いでも言ったことであった。


しかし裁判ではそのことについて全然考えもしてくれず、

ただ悪意がありました。
殺人犯が適当なことを言っています。反省してません。

そのことだけしかなかった。


そしてその後に「やっぱりちょっとおかしいんじゃないか?ってかどんな内容だったんだっけ?も一回裁判やろっか」っというわけです。



本当に仕事してくださいよ・・・・


裁判官がそんなのでいいんでしょうか。


どんな気持ちで被害者側が裁判に参加しているか考えているのでしょうか。



若干ワザとじゃないかとまで思ってしまう。



まずきついですね。

裁判後

どうも龍小狼です。


裁判も一通り終わりやっと一息ついています。


しかし裁判後の菅原の笑い顔には怒りを感じます・・・・


なぜあの顔をしたのか、疑問が残ります。

裁判2日目

どうも龍小狼です。


二日目の裁判は解剖医の解説と当時自宅に駆けつけた警察官2名の尋問でした。


解剖医の話は実に難しかったですね;;


それはともかく・・・


警察官2名の尋問は本当に出来レースでしたね。


とてもがっかりでした;;


練習してるのかもしれないが、質問には即解答。



質問自体も当初から問題なっていることに関して一切問わず。


解答も少しでも不利になる解答、明らかにおかしい所は「記憶ございません、見ていません。」



明らかなに都合がいいように話を作って裁判員に言い聞かせる。


さすがに疑問に思った裁判員の方々が聞いた質問も「記憶にございません」ですませる。


以前さんざん「被害者側の意見、証言ばかりを聞いているわけにはいかない両方の証言を聞かなく 
てはいけない」


とか言っていたのに、いざ本番だと明らかに被告側の調子のいい証言だけを参考にしてる。


弁護士方はもうカンカンでした;;


私たち家族もがっかりっという感じでした。


繰り返すが、やはりなにか作り話を話すとどこか必ず矛盾が生まれてしまうものなのだと思う。


明日は更に大変なのだろうと思う被告人の証言。気張っていかなくてはいけませんね;;


また報告します


ヾ(--;)

裁判開廷

どうも龍小狼です。


私は明日から裁判に参加しますが、今日の裁判家族が感じたことがあるそうです。



まずはじめに、変な話だが、父を殺した犯人が写真とは違いかなり太っていたらしい。


一年の牢屋生活、食っては寝て、食っては寝ての繰り返しだったからだろう。


被災者は必死に命をつなぎ、社会人は必死に働いて生きているのに、殺人者はそういう感じだとは・・・・


まるで小学生みたいな考えだが馬鹿げているものだ。


そして次に感じたというより家族が眼にしたのは、犯人が殺し損ねた母をまるで呪い殺すかのように睨み付けている
ところだそうだ。


おそらく悪いのはお前らだとでも言いたいのだろうか。


そして最後に、犯人は別に俯いているわけでもなくただボーっとしていたとのことだ。


話もただ軽く聞き流すかのように、早く終わらないかなと感じているような姿勢、態度だったのことだ。


明日私もいよいよ参加します。


これが本当なのか、そして明日からの本題にしっかり耳を傾け、そして眼に焼き付けて生きたいと思います。


(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。